ブランド時計を売るタイミング

定価の価格が引き上げられた時

ブランド時計は一般的な時計に比べて価値が高く、中古であっても高値での売却が期待できますが、タイミングによってはより高く売ることができます。ブランド時計を売る最適なタイミングの一つが定価の高騰です。海外のメーカーが生産、販売しているブランド時計は円安の影響によって定価が変化することも珍しくありません。 販売する金額が高くなると購入や買取を躊躇する人が増えるので、業者側は在庫の確保が難しくなると言われています。少しでも多くの人に買取を利用してもらうために、業者側は通常より高い金額を提示せざるを得なくなり、その結果高値での処分が実現できるのです。逆に円高のタイミングで買取に出してしまうと安く引き取られてしまうので、経済の動向を常にチェックしておかなくてはいけません。

購入から買取までの期間

中古品の買取は、利用する業者によって査定の基準はそれぞれ異なりますが、どこの業者を利用する場合にも共通するポイントがあります。その一つが状態の良さです。業者の多くは顧客から買取をした商品で販売することで利益を得ているため、新品に近い状態ほど査定が高額になりやすいと言われています。日常的に身に付けている場合、ちょっとした不注意で汚れや傷などがついてしまうことも少なくありません。こうした傷や汚れは査定のマイナスポイントになってしまうので、できる限り綺麗な状態で売ることが重要となります。ただし、骨董品としての価値がある高級ブランドの時計は、年月が経過するほどプレミアが付くので、事前に市場価値を確認することが大切です。